家族

痛風を予防してくれる食事|生活を見直して病気対策

酒の肴に気をつける

和食

痛風に悪いというイメージを持たれることの多いビールですが、ビールそのものよりもその肴として口にする食事にプリン体が多く含まれていることがあります。痛風の予防や改善には、プリン体の多い食品をあらかじめチェックして食べ過ぎないようにすることが大切です。

Read More

昨日のご飯は大丈夫かな

家族

痛風とは食品内に含まれているプリン体を大量に摂取することにより、関節に尿酸の針状結晶が貯まり大変な痛みを伴う疾病である。しかし食品によりプリン体の含有量は大きく異なる。よって水分を大量に摂る、アルコール・プリン体が多く入っている食事に注意する等の食習慣によって自分で防ぐことの出来る疾病でもある。

Read More

発作を起こさない

食事風景

風邪が吹いただけで激痛が走ると言われる痛風ですから、発作を起こさないように普段から気を使うのが大事です。水分を多めに摂って尿酸を排出するようにしたり、食事に気を使ってプリン体の摂取や、油分の多い食事で肥満にならないようにすることが重要です。

Read More

日常生活を見直す

男性

正しい知識と理解が必要

健康に関して多くの方が悩んでいる事があり、その一つに痛風をあげることができます。腎臓の機能低下などによって尿酸値が高くなり、結果として身体の中に残って痛みを伴ってしまいます。もちろん原因は腎臓だけではなく、さまざまな事が要因となります。現在痛風の症状がある方は食事などによって改善していくことができます。痛風の原因ともなるプリン体の摂取を、食事によって調整するのです。毎日の食事を見直すことによって、改善のための道が開けることもあるでしょう。その場合、医療機関で痛風の食事に関して、どのような事を気をつけたらよいのか、どのような食事がよいのかなど、専門のアドバイスをいただくようにしましょう。正しい知識と理解が必要です。

症状が改善される

痛風の症状に悩まされると、痛みによって心身に影響を及ぼします。しかし、食事でコントロールすることによって痛みが軽減されてくると、身体だけではなく精神的にも良い影響を及ぼします。食事に気をつける、といっても食材や味付けなどによって、おいしい食事が楽しめるので発想の転換をする必要があります。そして水分を多めに取るだけでも、尿の量が増えて身体の中で痛みの原因となっている尿酸を排出する作用が高まるので、意識して水分も摂取するようにしましょう。食事の際に積極的に食べると良いものとして、海草類やキノコ類、野菜や大豆などがありますが、調理や味付けでいくらでもおいしく食べられる食材ばかりです。少しの工夫と発想の転換で痛風改善の食事を楽しむようにしましょう。改善されてくれば、より一層おいしく感じることでしょう。